結果を出している経営者をより幸せに!

 

 

前々回の記事「これからの人件費戦略」でも書きましたが、現代は「売上重視」から「利益重視」に思考をシフトしないと、ビジネスは立ちいかなくなってしまいます。

 

 

日本は世界でもダントツの超高齢社会ですから、市場そのもののパイは拡大しません。

 

労働人口も減少するばかりです。


市場と労働人口が減少すると・・

 

ルーティンワークのほとんどは将来、AIがやりますが(単純作業、単純な接客、クルマの運転、介護、会計、事務処理など)、そうなったとしても、まったく人を雇用しない訳ではありません。

 

セールスや高度な対人コミュニケーション能力は、人間しかできません。

 

 

市場は縮小するのに、これからの中小企業は昇給しながら良い人材を確保しなければなりません。

 

旧態依然とした「売上至上主義」ではやっていけないのです。

 

「売上」より、中身の「利益重視」でなければいけません。

 

 

ただ勘違いして欲しくないのは、利益重視の経営であったとしても「入金」、売らないとビジネスそのものが成立しません。

 

 

日本人は特にセールスを忌み嫌う習性がありますが、今現在、オフィスでスマートに行っている会計業務のほとんどは、将来AIがやります

 

簡単な接客や商品説明、タクシー・バスの運転や接客もそうです。

 

高度な対人コミュニケーション能力が必要なセールス力が、雇用者に求められる時代となります。

 

 

 

 

私は常々「セールスこそビジネスそのもの」と言っていますが、ビジネスの入金を担当する職務である以上、これは当然のことなのです。

 

その入金を利益化し、資金を残す・増やすのは、むしろマネジメントの領域です。

 

 

これも何度も言っていますが、一部上場している大企業は別として、中小企業は「賃上げ」しないと「良い人材」は絶対集まりません。

 

「わたしの業界相場は、時給〇〇円で・・」と言っているようでは、未来永劫無理です。

 

それどころか、今後労働人口が縮小する日本では、人材すら確保するのが難しくなります。

 

今や外国人労働者すら、日本の低賃金の高齢者介護業界で働くのを避けています。

 

 

こういった時代になればなるほど、中小零細企業・個人事業主は、できるだけ「高単価な商品・サービス」を売らないと、ビジネスそのものが成立しにくくなります。

 

そもそも低単価で薄利多売のビジネスは、大企業がやるものです。

 

 

売上重視から利益重視に経営をシフトしたいのであれば、まずはいかに高単価な商品を売ることができるか?

 

そこにフォーカスして考えてください。

 

そして、いかに顧客に喜ばれて「値上げ」できるか?

 

以上の2つを常に考え、実践してください。

 

そうしないと、これからの中小企業はやっていけません。

 

 

値下げして倒産した中小企業のほうが、値上げして業務改善した企業より圧倒的に多いのが現実です。

 

値上げすると売上は落ちても、大抵は利益が増えます。

 

製造業ならば特にわかりやすいですが、製造コストが下がって、単価が高くなれば利益が増えるの当然。

 

この思考が「売上重視」から「利益重視」へのシフトです。

 

 

「値上げの方法」については、このブログではごく一般的なことを書いています。

 

セールススキルについても、ブログでは一般的なことしか書いていません。

 

ただ「値上げの方法」やセールスについても、一般的知識やスキルすら知らない人が多いのも現実です。

 

ちょっと深入りした知識を知りたければ、↓から私の無料メルマガに登録して、バックナンバーを読んでください。

 

 

 

コメント投稿はコチラをクリック

 

無料メールマガジン、好評頂いております。ブログ未公開の最新ネタを送信しています。
購読は↓↓で、簡単にできます!

 

メルマガ購読・解除
 

 

 

先着5名様限定

 

 

無料グループコンサルを開催します。

 

 

講師が一方的に話す、セミナー形式ではありません。
参加者の皆さまが、自由に意見交換できます。
参加者お一人ずつに、しっかりとした質疑応答の時間があります。
料金は無料です。

 

詳細な内容は、コチラをクリック!