結果を出している経営者をより幸せに!

 

 

誰しも最初から、完璧な商品・サービスをリリースできません。

 

顧客からのフィードバックを受けながら、より完璧な商品・サービスに改善します。

 

 

ビジネスに限らず何でもそうですが、最初から完璧にやろうとすると大抵は失敗します。

 

ビジネスならば、最初から完璧な商品をリリースしようとすると、得てして売れません。

 

作り手の「自己満商品」になりやすいからです。

 

 

ならば、50点・60点でも構わないので、顧客の声を聞きながら100点を目指したほうが、売れます。

 

行動が早い分、結果も早く出るので、最終的に収益性も高まります。

 

 

そこで大事なのは「お客様の声」ですが、実際は「聞かなくてもよい」お客様の声があります。


あなたにとって、聞いて良いお客さん

 

「聞かなくても良い」というより、聞けばむしろ、あなたのビジネスや商品・サービスにとって有害。

 

果たしてそれは、どんなお客様の声でしょうか?

 

 

 

 

まず、あなたのお客さんを以下の4つに分類します。

 

1.あなたとウマが合い(好きな)、買ってくれる客。

 

2.あなたとウマが合うが(好きだが)、買わない客。

 

3買ってくれるが、クレームの多い客(苦痛客)。

 

4.好きでも嫌いでもないが、買わない客。

 

 

上記2の人は、どれだけ好きな人でも買ってくれないのだから、あなたのビジネスの参考にはなりません。

 

「お客様の声」の対象外。

 

プライベートでおつきあいすれば良いでしょう。

 

 

上記4の人は、たとえば無料お試しキャンぺーンの時だけ、あなたのビジネスに参加する人です。

 

こういう人も買わないので、お客様の声の対象外。

 

 

上記3の人は、買ってくれるのだけれどもクレームが多い、隙あらば値切ろうとする・・等々のお客さんです。

 

こういうお客さんの声を聞いても、時間のムダです。

 

 

こうやってあなたの見込み客・顧客を分類してみると、よくわかることがあります。

 

それは、あなたの商品やサービスにやたらと「カイゼン」を要求するのは、大抵、上記分類の3と4のお客さんです。

 

いわゆる「声の大きな」お客さん。

 

こういったお客様の声を聞いても、あなたのビジネス・商品・サービスの「改善」にはなりません。

 

 

逆に「お客様の声」を聞くべきなのは、上記1のお客さん。

 

こういったお客さんは、そもそもあなたの商品・サービスについて、ほとんど文句を言いません。

 

だからこそ、あなたの方から熱心に聞く必要があるのです。

 

 

 

 

ちょっと聞いたくらいでは、

 

「う〜ん・・特に無いな〜」

 

という反応が多いですから、熱心かつ「しつこく」聞く必要があります。

 

インタビュアーになったつもりで、丁寧に聞いてみてください。

 

きっと、あなたのビジネスや商品・サービスについて、有意義なヒントや改善点を得られます。

 

 

実際、結果を出している経営者や有能なセールスパーソンは、上記1のお客さんの声だけを聞いてます。

 

億単位の年商を稼ぐ、有能なコンサルタントの先生も、クライアントには常にそうアドバイスしています。

 

 

 

コメント投稿はコチラをクリック

 

無料メールマガジン、好評頂いております。ブログ未公開の最新ネタを送信しています。
購読は↓↓で、簡単にできます!

 

メルマガ購読・解除
 

 

 

先着5名様限定

 

 

無料グループコンサルを開催します。

 

 

講師が一方的に話す、セミナー形式ではありません。
参加者の皆さまが、自由に意見交換できます。
参加者お一人ずつに、しっかりとした質疑応答の時間があります。
料金は無料です。

 

詳細な内容は、コチラをクリック!