結果を出している経営者をより幸せに!

 

 

社長さんからたまに耳にするのは、

 

「よし、今年は毎朝〇時に早朝出社しよう!」

 

とか、

 

「今年は毎日、ネクタイを締めて出社しよう!」

 

などの宣言です。

 

こういう習慣づけは、全く意味が無いとは申しませんが、

 

「それって、どーでもいいことですよ」

 

と率直に申し上げます。

 

というのも、経営者は自分のビジネスと時間を自由にコントロールできる立場だからです。

 

そうでないと、いくらハイリターンがあるとはいえ、ハイリスク行為である

 

「自分でビジネスをする」意味がないでしょ!

 

ということです。

 


社長さんにとって、最も効果のある習慣づけとは?

 

大勢の役員を抱えている大企業なら必然ですが、自分でビジネスの全責任を背負う中小企業の社長さんは、時間や服装に自分で制限をかける必要は無いのです。

 

モチロン、ファッションはTPOですから、オフィシャルな場ではそれなりの服装をします。

 

ですが、それ以外では自由でいいのです。

 

 

私などはデスクワークをしている時は、水泳競技者用のarenaというブランドのジャージ姿でやってます(笑)

 

モチロン、クライアントさんとの面談時やオフィシャルな場では、スーツにネクタイ姿です。

 

最近はカジュアルファッションをするのも面倒で、休日に遊びに行く時もスーツ・ネクタイ姿。

 

同伴した女性から驚かれることも、多々あります。

 

しかしそれが私にとって、一番心地良いのですね。

 

ちなみにスーツ着用時のシャツも、昔はカラーバリエーションや柄にこだわってましたが、今は白シャツだけを何枚も持っています

 

それも海外ブランド品ではなく、洗濯してノーアイロンで着れる形状記憶の白シャツです。

 

これならアイロンをかけたり、クリーニングに出したりする手間が要りません。

 

また白シャツなら、スーツとネクタイのコーディネイトさえ気を配れば、アレコレと迷うこともありません。

 

さらに服の管理もラクです。

 

スーツとジャージしかありませんから(笑)

 

 

私からすれば、そんな無駄な手間にかける時間があれば、

 

・クライアントさんのために考える時間

 

・ビジネスのための学びの時間

 

に費やしたいのです。

 

 

 

 

 

 

社長さんは「どーでもいいこと」で自分に制限をかけるより、他にフォーカスすることがあります。

 

たとえば、

 

・できるだけ、自分自身が忙しくならないようにする。

 

・独りで考える時間を確保する。

 

・ビジネスやライフスタイルについて、他人から良いフィードバックを貰える環境に身を置く。

 

などです。

 

これらのことを習慣づけしたほうが、あなたのビジネスと人生は大きく変わります。

 

 

 

 

コメント投稿はコチラをクリック

 

無料メールマガジン、好評頂いております。ブログ未公開の最新ネタを送信しています。
購読は↓↓で、簡単にできます!

 

メルマガ購読・解除