結果を出している経営者をより幸せに!

 

 

上手なセールスレターの書き方は、本やネットの情報商材で教えられているような、テンプレートに書き込む方法では、まず習得できません。

 

テンプレートの空欄に埋め込んだ文章では、あなたの自分のビジネスに対する信念はお客さんに伝わりません。

 

過去記事で何度も書いてますが、そのような事細かに具体的に教えるメソッドは、誰でも簡単に真似ができます。

 

今とこれからの情報過多時代、

 

「誰もが、すぐに真似できるような教え」

 

にどれだけ投資しても、まず回収できません。

 

精々「一発線香花火」か、赤字で終わりです。

 


顧客の立場になって自問自答する

 

とはいえ、初めてセールスレターを書く人にとっては、1冊くらい本は読んでおいたほうが良いでしょう。

 

私が超初心者にオススメしているのは、

 

「買わせる文章が、誰でも思い通りに書ける101の法則」
山口拓朗氏著 明日香出版社

 

です。

 

超初心者が、コピーライティングの概要を学べるアンチョコ本です。

 

セールスレターだけでなく、社内の企画書などの書き方も学べます。

 

ただし、この本にもテンプレードがありますが、これを使っても、やはり「売れる」文章は書けません。

 

 

 

 

 

セールスレターは、いろんな本や情報商材を漁ったりせずとも、実は独学で書けるのです。

 

時間はかかりますが、方法はカンタンです。

 

それは、あなたの顧客(見込み客)・ライバルについて、自分で自分に質問をしてみることです。

 

たとえば、

 

・顧客(見込み客)は何に悩んでいるか?

 

・顧客は(見込み客)の人物像。

 

・この商品・サービスを買うにあたって、
顧客(見込み客)が抱く不安要素。

 

・ライバル企業の強みと弱み・・・etc

 

事細か自分に質問して、紙に書きだしてみてください。

 

一つ一つの質問に答えた内容が、あなたがセールスレターで書くポイントです。

 

またこのワークを極めると、セールスレターだけでなく、あなたの商品・サービス開発のネタになります。

 

 

ただこのワークも、短期間でスムーズにマスターし、かつ成果を出したいのならフォードバックを貰える環境でないとダメですね。

 

何でも独学で成果を出せる人は、「ほんの一握りの天才しかいない」と悟ることが、成熟した大人のすることです。

 

 

 

 

 

 

 

コメント投稿はコチラをクリック

 

無料メールマガジン、好評頂いております。ブログ未公開の最新ネタを送信しています。
購読は↓↓で、簡単にできます!

 

メルマガ購読・解除