結果を出している経営者をより幸せに!

 

これから起業をしようとする、もしくは起業して間もない若い女性から、よくこんなことを耳にします。

 

「そんなに儲からなくてもいいから、私の思いが詰まったモノを売ってやっていければいい・・」


誰にでも平等にあるもの

 

「今の彼氏とも将来は結婚を考えてるし、子供も産みたい」

 

「ずっと続けている○○(趣味)も、お店が軌道に乗ったら復活するつもり」

 

「できれば、いつまでも綺麗でいたいよね」

 

「昔からの友達との絆も大切だから、たまには会って温泉でも行きたい」

 

 

私は何も言わず、黙ってその人の話を聞きながら、心の中で

 

「ああ、この人のビジネスは失敗するだろう。運よくビジネスが続いたとしても、こんなハズじゃなかったと言いながら、メンタルが悪くなるか、体調を崩すだろう」

 

確信します。

 

ただ、その場で決して口にすることはありません。

 

私の価値を感じない人、もしくは私が価値を感じない人に、揺るぎない「現実」を伝えたところで相手にとっては迷惑です。

 

迷惑どころか、恨まれる可能性もあります。

 

私は人格者ではありませんから、不必要に人から恨みを買いながら生活できる程強くありません。

 

ビジネスは、お互いに価値を感じ合う者同士が結びついてこそ、結果が出ます。

 

これはビジネスに限らず、あらゆる人間関係にも言えることです。

 

 

人生は、日々「選択」の連続です。

 

今のあなたは、過去の選択の結果なのです。

 

そして何を選択するかの最優先事項は、あなたが費やす「時間」です。

 

時間こそが、誰もが平等に持っている「資源」です。

 

そして「有限」です。

 

これに対して「お金」は無限ではありませんが、ある程度は取り返すことができます。

 

極端なことを言えば、ホームレスが数億円当選した宝くじを道端で拾う可能性は、0.00000.........................1%くらいはあります。

 

しかし過ぎ去った時間は、世界最高の権力者や大富豪でも取り戻すことはできません。

 

ドラえもんは、まだこの世界に存在していないのです。

 

 

ある程度キャリアを積んだ経営者のあなたは、私が何を言いたいかピンと来ていると思います。

 

もしピンと来ないのであれば、あなたのビジネスは上手く行ってないか、

 

「こんなはずじゃなかった」

 

と愚痴をこぼす日々を送っていることでしょう。

 

人生のほとんどはトレードオフ

 

「取捨選択」という四文字熟語があります。

 

何かを選択するということは、同時に何かを捨てることです。

 

先に挙げた若い女性の例で言えば、自分でビジネスを立ち上げ、それを継続しながら上手くいくことなんて、頑張っても精々一つです。

 

それも常に学び続けることができなければ、闇雲に頑張ったところで上手くいきません。

 

他には、ほんの少しの「ささやかな気分転換」があるくらいのものです。

 

つまり、起業したその瞬間から、ビジネス以外で上手くいくことは精々一つしかないのです。

 

あとはすべて、捨てなければならない。

 

もし、彼氏との結婚生活と子育てを選択したのなら、子供の頃から続けている趣味や友人との交流は、キレイさっぱり諦めることです。

 

そこまでして初めて、ビジネスを継続させることができます。

 

そもそも「そんなに儲けなくてもいいから〜」というメンタルでは、起業は成立しません。

 

おそらく、開業して半年も持ちません。

 

日本で起業した多くの方は3年以内に廃業し、10年持った会社や個人経営のお店は、わずか10%程度しかないのです。

 

残り90%は、廃業・倒産しているのです。

 

これが、自分でビジネスをするということの「現実」です。

 

 

実はコレ、経営者や事業主に限らず、サラリーマンやOL、管理職の方にも言えることです。

 

ある程度軌道にのった経営者や事業主であれば、それなりに時間を自由に使えます。

 

しかし、公務員や務めている方は、平日の最低8時間は拘束される訳です。

 

人間はどんなに頑張っても、不眠不休で1ヶ月も頑張れませんから、そうなると一生のうち使える時間は限られます。

 

満たせることを選択する

 

テレビの女性向け情報番組では、よくこんな企画を放送しています。

 

それは、仕事をしながらも家事や子育てをしっかりこなし、趣味や友人との交流も活発な、女優さんやママタレさんのライフスタイルです。

 

過去記事:異業種交流会は時間とお金のムダで書いた、女性の社会的かつ総合的な欲求を巧妙にくすぐる番組企画です。

 

あれは「すべてを満たしている」ライフスタイルに憧れる女性視聴者の為に、女優やタレントさんも「そういうキャラ」を演じているのです。

 

女性雑誌のインタビューやインスタグラムなどのSNSも、そういうキャラ作り、USPの一つです。

 

そうやって仕事も家庭も両立しているハズの女優やタレントさんが、数年後には離婚したなんてのは、よく耳にする話ですよね。

 

芸能人のようなパーソナリティを切り売りする労働集約型ビジネスこそ、仕事とプライベートを両立させるのが、時間的にもメンタル的にも難しいのが現実です。

 

離婚率の高さでは、トップクラスの職業と言えます。

 

 

繰り返しますが、時間は有限ですから、あなたが「何を満たせるかを選択する」ことが大切。

 

 

私も常に何かを選択し、何かを捨てることによって生きていきます。

 

これからはむしろ、捨てることのほうが圧倒的に多くなると思います。

 

そうしてこそ、私らしい望む人生が手に入りやすいと、学んだからです。

 

 

 

一方で自己啓発セミナーでは、20代半ばの起業を志している男性が、

 

「資産1兆円を持つ!」

 

と高らかにアファメーションをしているそうです。

 

こんな光景を見て、大先輩のコンサルの先生は、

 

「こういう人はここ15年くらいで、本当に多くなった。国内だけじゃなくて世界的に・・」

 

とこぼしています。

 

この件については、また別な機会に書きます。

 

 

 

コメント投稿はコチラをクリック

 

無料メールマガジン、好評頂いております。ブログ未公開の最新ネタを送信しています。
購読は↓↓で、簡単にできます!

 

メルマガ購読・解除
 

 

 

先着5名様限定

 

 

無料グループコンサルを開催します。

 

 

講師が一方的に話す、セミナー形式ではありません。
参加者の皆さまが、自由に意見交換できます。
参加者お一人ずつに、しっかりとした質疑応答の時間があります。
料金は無料です。

 

詳細な内容は、コチラをクリック!