結果を出している経営者をより幸せに!

 

 

私が個別コンサルをした経験でつくづく感じるのは、

 

「頑固な人は、ビジネスで結果を出しにくいし」

 

かつ

 

「幸せから遠ざかる」

 

ということです。

 


「〜すべき」という、どーでもいいこだわり

 

逆に素直な人は結果を出しやすいし、幸せにもなりやすいですね。

 

私はあまりに頑固な人には、

 

「たぶん、今コレを言っても、実行しない」

 

と確信するので、あえて何も言わずに、失敗を体験させます。

 

そしてその後、これからも同じことが延々と繰り返されるとアドバイスします。

 

そうしてようやく半分くらいは納得するのですが、結局は最初から素直にやったほうが、結果が出るのが早いのです。

 

あえて失敗を体験させるのは、時間のムダ。

 

 

 

 

 

これが少人数のグループコンサルだと、素直に聞いて結果を出した人が隣にいるので、頑固な人も「臨場感」を感じる訳です。

 

そうすると、素直に実行する。

 

なので、結果が出るまでのスピードも速く、要は無駄な失敗体験に費やす時間が要らなくなるのです。

 

 

私が個別コンサルをやめて、少人数制(2人〜4人)のグループコンサルにしようと思ったのは、この理由によるものです。

 

ただし、現在は個別コンサルの要望が多くなり、元に戻しました。

 

 

 

 

 

最後に頑固な人というのは、大抵「義務感が強い人」です。

 

たとえば、

 

「母親(父親)だから〜すべき」

 

「姉(兄)だから〜してはいけない」

 

「男だから〜」

 

「女だから〜」

 

あるいは
「商品は完璧じゃないとダメ」

 

「社長たるもの〜すべき」

 

「クルマはやっぱりメルセデス(レクサス)じゃないといかん」

 

とかですね

 

 

要は頑固な人というのは、義務感という名のどーでもいい「こだわり」を強く持っているのです。

 

多くの人は、必要のない義務感やこだわりがとれた瞬間、パラダイムシフトが起こります。

 

 

 

 

コメント投稿はコチラをクリック

 

無料メールマガジン、好評頂いております。ブログ未公開の最新ネタを送信しています。
購読は↓↓で、簡単にできます!

 

メルマガ購読・解除