結果を出している経営者をより幸せに!

 

 

30代〜50代の経営者のあなたは、廃業・倒産・売却・事業継承しない限り、80歳まで社長さんをやっています。

 

少子超高齢社会の日本では、これは必然です。

 

参照記事:経営者の寿命

 

 

こういった時代になると、男女関係無く「歳の差婚」が当たり前の時代になります。

 

夫や妻が20歳以上年下(年上)なんてことが、珍しくなくなるのです。

 

そもそもあと20年もたてば、介護のほとんどはAI(人工知能)がやってますから、現代の老老介護の問題は無くなります。

 

なので、これからの時代、歳の差婚がよりしやすくなります。

 


立場を演じると家庭は不幸になる。

 

ビジネスで結果を出すことだけにフォーカスし、自身のメンタルを良好に保つことをしなかった社長さんは、大抵離婚します。

 

愛人がいようといまいと、そうなるのです。

 

こういう人は心理学で言えば、自己効力感は高くても自己肯定感は低い人です。

 

あるいは過剰な自己重要感を持っているか、過剰な自己愛の人ですね。

 

ちなみに過剰な自己重要感や自己愛と、自己肯定感は違います。

 

 

 

 

 

パートナーに限らず、あらゆる人間関係は、あなた自身の投影です。

 

ビジネスは鰻登りで急成長の影に離婚や家庭崩壊があるのは、成功や派手な生活の裏で、その人自身のメンタルがボロボロになっているからです。

 

ボロボロになっている本人は、家庭崩壊するまで無自覚なのがほとんどですが。

 

多くの芸能人が離婚するのは、このパターンでしょうね。

 

 

 

 

 

これからの時代、男女問わず、こういった人はさらに増えます。

 

ですから、歳の差婚と同時に×イチ同士の、互いに子供を抱えたご夫婦さんも、より増えます。

 

しかも、歳の差がありながら。

 

こういったご家庭では、義父・義母ともに子供に対して、無理に父親や母親になろうとしないことが大事です。

 

父親や母親を演じることもアウト。

 

義父・義母とその子供の両者が、苦しむことになります。

 

よく考えてください。

 

あなたのパートナー(妻・夫)は、そもそも他人なのです。

 

 

最初は恋愛感情という脳内ホルモンが分泌され、それがやがて穏やかな信頼関係に変化します。

 

夫婦間のパートナーシップとは、そういうものです。

 

だから義理の息子さんや娘さんに対しても、親では無く、他人として接すれば良いのです。

 

子供から

 

「面白くて頼りがいのあるオジサン」

 

とか

 

「賢くて優しいオバサン」

 

と思われるくらいで丁度いいのです。

 

別に

 

「ネクラだけど、真面目なオジサン」

 

とか

 

「ドジだけど、面白いオバサン」

 

でも全然OKなのです。

 

そうした関係のほうが、義父・義母と子供の両者とも、ラクで親しみやすい関係を築けます。

 

 

 

 

 

 

同じ事は実の父や母にも、言えるのです。

 

「私は母だから(父だから)〜」

 

「私は妻だから(夫だがら)〜」

 

「私は姉だから(兄だから)〜」

 

と家庭内で、自分の立場を過剰に意識する人ほど、離婚や家庭崩壊を招きます。

 

良き父・母・兄・姉を演じようとすればするほど、やってる本人も苦しくなるし、その相手も苦しくなります。

 

私はあなたに、あなたのお子さんに対して、友達のように接しろと言っているのではありません。

 

 

今の日本は、明治・大正の頃の日本ではありません。

 

戦後の高度成長期の時代でもありません。

 

バブルの時代でもありません。

 

 

そうやって無理に演じようとする限り、あなたが両親から子供の頃に受けたイヤなことを、あなたの子供に対してやってしまいます。

 

無意識に。

 

 

 

 

 

コメント投稿はコチラをクリック

 

無料メールマガジン、好評頂いております。ブログ未公開の最新ネタを送信しています。
購読は↓↓で、簡単にできます!

 

メルマガ購読・解除