結果を出している経営者をより幸せに!

 

 

中小企業の経営者や個人事業主の方は、マネジメントと同時に自らマーケティングとセールスを兼務している方が多いです。

 

これはむしろ、当然のことです。

 

あなたの会社やお店は、あなた自身です。

 

あなたのビジネスの8割を占める「集客して売る」ことは、よほど有能で信頼のおける「右腕」を持たない限り、そのすべてを任せることは不可能だからです。


商品を売る前にすべきこと

 

マーケティングの正確な意味は、見込み客を集めることです。 

 

過去記事:マーケティング初心者のあなたへ

 

見込み客を集め、ファーストコンタクトに成功したら、できるだけ短期間で信頼関係を築くことがポイントになります。

 

あなたの商品を売るよりまず先に、あなたを信頼してもらわなければなりません。

 

一言で信頼関係を築くと言っても、さまざまな段階があり、そう簡単ではないことはあなたも知ってるハズです。

 

今回は誰にでも出来て、あなたのスタッフにも指導しやすい、テクニックの一例を紹介します。

 

見込み客と2回目に会ったら・・・

 

それは、ファーストコンタクトの次の機会に見込み客と会ったり、電話で話したりする時に、

 

開口一番、

 

「あぁ、○○社長!」

 

「あぁ、○○さん!」

 

と声かけすることです。

 

この「あぁ」がポイントです。

 

できるだけ明るく、快活に言うことです。

 

イメージとしては、昔お世話になった人と偶然再開したような感じで言うとベストです

 

直接会ったケースではモチロン、「あぁ、○○社長、先日はありがとうございました」と挨拶が続きます。

 

こちらから電話をかけて直接本人につながった場合は、「あぁ、○○社長〜」は失礼です。

 

ですが、先方から電話を頂いた場合は、直接会ったケースと同じ使い方ができます。

 

またこちらから電話したときでも、その会社のスタッフが取り次いだ後でつながった場合は、使えます。

 

 

この「あぁ」というフレーズは、相手に親近感を抱かせます。

 

意識することなく、無意識にです。

 

しかもその後に、「〇〇社長」や「○○さん」と本人の名前が続くので、より効果的です。

 

つまり、1度しか会っていないのに「自分のことをしっかり覚えている」と、相手は感じるのです。

 

これは心理学で言うところの、相手の「尊厳欲求」を満たす行為です。

 

 

相手が無意識に親近感を抱くと、その感情はあなたにも伝わります。

 

その後の会話も、自然とスムーズになるというものです。

 

 

この実例は、豚骨スープが主流の福岡県の繁華街で「どさんこラーメン」で行列をつくっている、とあるお店のマスターです。

 

どんなに忙しい時でも、入店したお客さんに対し、

 

「あっ!いらっしゃいませ!」

 

と活きの良い声かけをします。

 

普通に「いらっしゃいませ!」と声かけするより、この「あっ!」がミソなのです。

 

このマスターはたぶん無意識でやっていると思いますが、とても効果的なテクニックです。

 

 

実は私も、このテクニックを無意識に使っていました。誰に教えられた訳でもなく。

 

後からセールスと心理学の本を読んでその効果を認識し、先のラーメン店のマスターを見て実感したのです。

 

今の私は、意識的にこのテクニックを使わないようにしてます。

 

ですが、人間のクセはなかなか治らないもので、時々無意識に「あぁ、○○さん」と出てしまいますね。

 

 

 

コメント投稿はコチラをクリック

 

無料メールマガジン、好評頂いております。ブログ未公開の最新ネタを送信しています。
購読は↓↓で、簡単にできます!

 

メルマガ購読・解除
 

 

 

先着5名様限定

 

 

無料グループコンサルを開催します。

 

 

講師が一方的に話す、セミナー形式ではありません。
参加者の皆さまが、自由に意見交換できます。
参加者お一人ずつに、しっかりとした質疑応答の時間があります。
料金は無料です。

 

詳細な内容は、コチラをクリック!