結果を出している経営者をより幸せに!

 

 

よく
「月商〇百万円達成したら、〇〇を買おう!」
とか
「年商〇億円達成したら、○○をしよう!」
と言って自分にエサをぶら下げ、目標達成しようとする社長さんっていますよね。

 

これは悪くないやり方ではありますが、やはり長続きしません。

 

たとえば、起業して間もないお金の無い頃なら、効果はあるでしょう。

 

ただ創業して3年以上経過し、ビジネスがある程度軌道にのり、より高いレベルに行こうとした場合、このやり方では限界が来ます。

 

 


実現までのプロセスを楽しむ

 

そもそもビジネスとは、あなたが死ぬか、廃業・倒産、あるいは事業継承か売却するまで、永遠と続く「ゴールの無い」マラソンです。

 

自分にエサをぶら下げて目標実現する「達成欲」だけでは、長期的にメンタルが持たないのです。

 

長いことビジネスをやっていれば、山あり谷あり。

 

毎回毎回、目標実現できる訳でも無く、失敗することもあります。

 

達成欲だけでビジネスをしていると、目標実現に失敗した時に自己否定してしまいます。

 

また全戦全勝の目標実現していても、いずれ燃え尽きてしまうのです。

 

 

 

 

過去に配信した記事でも書きましたが、人間が達成した後に得られる幸福感は精々1ヶ月か長くても3ヶ月です。

 

どんなに高い目標を実現したとしても、それ位の期間で幸福感は消えてしまいます。

 

で、また高い目標設定にチャレンジする。

 

その目標を実現したとしても、やはり幸福感は1ヶ月か3ヶ月で消えます。

 

この繰り返しをしていると、人間はいつか燃え尽きてしまうのです。

 

 

一番ベストなのは、目標実現のためにコツコツやっている道中を
「楽しい」
と感じることです。

 

それならば、目標実現しようがしまいが、常に幸福感を感じることができます。

 

 

同じような理屈は、お酒好きな人が
「〇〇の目標実現するまで、禁酒する」
なんてやり方も同じです。

 

短期的な目標の場合は有効ですが、中長期的な目標実現には向きません。

 

ナゼなら、目標実現までの期間、したいことをずっと我慢しているので、苦しいからです。

 

1週間とか長くとも1ヶ月位なら有効ですが、それ以上になると、コツコツやっていることそのものが苦しくなります。

 

大好きなお酒をずっと我慢しているのですから。

 

 

ラクに目標実現したいのなら、それまでのプロセスを楽しめるようにすることです。

 

そしてそのこと自体が、幸福感を感じながら生きているということです。

 

 

 

 

コメント投稿はコチラをクリック

 

無料メールマガジン、好評頂いております。ブログ未公開の最新ネタを送信しています。
購読は↓↓で、簡単にできます!

 

メルマガ購読・解除