結果を出している経営者をより幸せに!

 

 

現在の日本で、今も成長し続けるビジネスがあります

 

毎年、大体10%前後の成長数値を叩き出している業界です。

 

この数値って、ものスゴイ数値ですよね。

 

しかも、大手企業が参入しにくい業種です。

 

それどころか、この業界は中小企業か個人事業主で占められています。

 

しかもこの業種は初期投資費用が低く、在庫も抱えないビジネスです

 

 

個人事業主から始めれて、しかも毎年成長し続ける産業・・・。

 

まさに夢のようなビジネスですが、果たしてそれは何でしょうか?

 


それは・・

 

ズバリ、アフィリエイト業界です。

 

ご存知の方も多いと思いますが、Webサイトやブログを使って商品やサービスを紹介し、売れるとマージンが入るビジネスです。

 

何だそれ?と思う方もいらっしゃるでしょうが、この業界だけは毎年、確実に成長しているのです。

 

現在の日本で、毎年10%前後の成長をし続けるというのは、スゴイことです。

 

しかもパソコン1台あれば、自宅でも始められ、サラリーマンの副業や主婦でもできる分野なのです。

 

 

こう書くと、誰でもやれて簡単に儲かるような気がしますが、実態は全然違います。

 

まったくの初心者がアフィリエイトを始めて、月額数十万の収益を上げようと思ったら、取り扱う商品の種類によっても違いますが、もの凄い労働時間が必要です。

 

アフィリエイト業界でメジャーな美容品や化粧品であれば、毎日3時間以上パソコン作業して、僅かな収益が上がるのに1年位かかります。

 

数万円ならまだしも、1年やって数千円・・・

 

そういう人の方が圧倒的に多いのが、アフィリエイト業界なのです。

 

2015年のアフィリエイト市場調査によると、月収3万円以上のアフィリエイターは、全体の4%しかいません。

 

参照:http://www.japan-affiliate.org/news/survey2015/

 

 

つまり、全体の4%が、個人事業主であれば月収50万とか100万、企業なら月商数千万から億単位の売上げを計上しているのです。

 

もの凄い格差のある、業界ですね。

 

ネットには、1日3時間で三か月もやれば月収数十万とかいう情報商材のサイトが溢れていますが、個人差はありますが、その通りになる確率は低いです。

 

特にアフィリ初心者であれば、いろんな情報商材に百万円単位のお金を使って、収益は僅か数千円程度といった方も多く見受けられます。

 

月額数十万から百万円単位の収益を上げるアフィリエーターは、始めた当初から2〜3年は、一日10時間くらいPC作業しているのが「実態」です。

 

 

 

 

これだけ格差のある業種も、珍しいです。

 

この理由は、学生や専業主婦でも、パソコンさえあれば誰でも始められる参入障壁の低さにあります。

 

誰でも簡単に始められるのですが、全体の95%近くは月額数千円、もしくは数円程度の収入で挫折してしまうビジネスなのです。

 

アフィリエイトで成功している人たち

 

個人で月額数十万円以上稼ぐアフィリエーターは、仕組み化するまで、一日あたり物凄いPCワークをしています。

 

1日あたり10時間以上はやっています。

 

しかも、最初の1〜2年はほぼ無収入ですから、この状態でひたすら長時間のPCワークを毎日続けるには、人並み外れた忍耐力がいります。

 

世の中は上手くできていて、設備投資や在庫を抱えない分、無収入な期間と膨大な労働時間が必要という訳です。

 

 

一方で、月商数千万や億単位の売上げを上げるアフィリ企業は、PCワークのほとんどを外注しています。

 

雇用して運営している企業もあることもありますが、そのほとんどは外注です。

 

企業としては儲かる仕組み化だけを専念し、単純作業は外注に任せる構図です。

 

つまり商品仕入れこそありませんが、外注費用はかかるという訳です。

 

それでも他業種と較べて、利益率は圧倒的に高いビジネスです。

 

年商億単位のアフィリ企業の社長さんは、完全なセレブ層です。

 

 

結局は成長し続けるアフィリエイト業界も、市場の総売り上げのほとんどは、僅か4%以下の企業が独占している状態なのです。

 

今や一般の商品やサービスを扱うアフィリエイトでは、企業でないと収益を上げるのが難しいです。

 

個人であれば、必死に努力しても小遣い程度の収益。

 

月額数十万円以上稼げるアフィリエイトとなると、アダルトサイトを紹介するアフィリしか無いのかもしれません。

 

ですが、このジャンルも年々競争が激化しているようです。

 

なぜ大手企業が参入しないのか?

 

では、こんなにも高利益率で参入障壁も低い業界なのに、ナゼ大手企業が参入しないのでしょうか?

 

これは結局、アフィリエイト業界そのものが、世間一般的に「胡散臭い業種」というイメージがあるからです。

 

大手企業は自社のイメージを大切にしますから、いくら利益率高いビジネスと言っても、胡散臭い業種には参入しないのです。

 

 

現在の日本の価値観は、サラリーマンの価値観です。

 

仕組みさえできてしまえば、短時間で高収益、働く時間も自由といったアフィリエイトは「胡散臭いビジネス」なのです(そうなるまでには、膨大な時間と労力が必要ですが)。

 

 

経営者のあなたはサラリーマンの価値観ではありませんから、自由で利益率の高いビジネスには理解がある方も多いでしょう。

 

ですが、多くの従業員を抱える大手企業の価値観は、基本的にサラリーマンの価値観・世界観なのです。

 

 

アフィリ業界でも年商数億円の企業は、一般商品やサービスを扱っても、アダルトアフィリには参入しません。

 

結局は、胡散臭いビジネス、世間体の悪いビジネスは、企業体が大きくなればなるほど、参入できなくなるのです。

 

 

逆を言えば、世間体の悪いビジネスは、中小企業やこれからビジネスを始める起業家にとって、儲かりやすい業種と言えます。

 

あくまでその業種が、あなたの価値観の許容範囲であればの話ですが。

 

儲かるからと言って、やってて苦痛に感じるビジネスは上手く行きませんし、仮に儲かってもお金を散財してプライベートがダメになる可能性が高くなります。

 

 

 

コメント投稿はコチラをクリック

 

無料メールマガジン、好評頂いております。ブログ未公開の最新ネタを送信しています。
購読は↓↓で、簡単にできます!

 

メルマガ購読・解除
 

 

 

先着5名様限定

 

 

無料グループコンサルを開催します。

 

 

講師が一方的に話す、セミナー形式ではありません。
参加者の皆さまが、自由に意見交換できます。
参加者お一人ずつに、しっかりとした質疑応答の時間があります。
料金は無料です。

 

詳細な内容は、コチラをクリック!