女性経営者のあなたへ

 

日本人は特に、セールスに対して良いイメージを持っていませんよね。

 

会社でも、外回りの営業より、社内でクールにデスクワークしていたほうがイイみたいな・・

 

しかし、ビジネスにおいてセールスは、会計等の事務処理はモチロンのこと、商品開発やマーケティングよりも遥かに上位概念です。

 

批判を承知で書きますが、極端に言えば、マーケティングとは「売れない人」もしくは「売るのが苦手な人」がやる行為です。

 

できるだけセールスしないで売るためにはどうしたらいいか?みたいな人が、好んでやりたがります。

 

高単価な商品を高成約率で、しかも継続的に売れるセールスマンにとって、マーケティングは必要ありません。

 

1000人集客して2人に売れるのと、5人にセールスして2人売れるのとでは、どちらがビジネスとして優秀な行為でしょうか?

 

売れなければ、売上げや利益、会計・人事・商品開発・マネジメント・・ビジネスそのものが成立しません。

 

 

 

 

 

よく「ビジネスとはお客さんに良い価値を提供すること」と言いますが、これは間違っていません。

 

実に正しいです。

 

ですが、あなたが提供する価値(商品・サービス)が、どんなに良い価値だったとしても、売れなければ意味がありません。

 

提供できてないのですから、目的を果たせていないのです。

 

セールスとは、ビジネスそのものなのです。

セールス>マーケティング

 

どんなに素晴らしいマーケティングをして1万人集客したとしても、1人も成約できなれば、すべてが徒労に終わります。

 

そのマーケティングに経費と労力をかけた分、赤字です。

 

私は仕事柄、いろんなマーケティングを学び、クライアントさんや自分のために実践していますが、強力なセールス力=クロージング(成約)力があれば、マーケティングは要らないと思っています。

 

現に私は、単価40万円以上の商品を50%以上の成約率で売るセールス・パーソンを見聞しましたが、このレベルの人になるとお客さんの紹介が多くて、マーケティングしなくても売れるのです。

 

事実、この方は自分のHPも持たず、メルマガ配信やブログも書かず、YouTube動画はモチロン、Facebookやインスタグラムもしていません。

 

この方は、怪しげな商品を扱っているのではありません。そういう商品ならお客さんの紹介は起きませんから。

 

非常にアカデミックで難解な、こういう商品を誰が買うんだろう?と思う商品を扱っています。

 

特に高額所得の経営者に人気のようです。

 

それらの経営者のなかには、プロのマーケッターが多くいるそうです。

 

 

 

 

 

ネットビジネスが盛んになった現代では、巷ではいろんなマーケティング技術が溢れています。

 

ネットビジネスそのものは、基本的には店舗型ビジネスと同じ「待ち」のビジネスです。

 

メルマガやyoutube動画などアプローチ型もありますが、それを読む(視る)・読まない(視ない)の判断は、受け手であるお客さんがします。

 

プロダクト・ローンチや感情マーケティングなど、お客さんが今この瞬間に欲しいと思っていない商品を買わせるテクニックしても、マーケティングである以上、限界があるのです。

 

強力なセールス力がある人は、買いたくないと思っている人に買わせて、しかも返品やクレームがほとんどありません。

 

断っておきますが、押し売りのようなセールスマンではありませんよ(笑)

 

ナゼ借金できるか?

 

世界中のほとんどの企業が、その規模の大小を問わず、金融機関から借り入れをしてビジネスをしています。

 

日本の大企業ならメガバンク、地場中小企業なら地銀、個人事業主なら商工ローンやサラ金と、ビジネスに借金はつきものです。

 

家計簿のように、無借金経営のビジネスのほうが少ないし、珍しいです。

 

ビジネスの規模を問わず、大多数の企業が借金しながら経営できるのは、ズバリ、今この時点であなたの商品・サービスが売れているからです。

 

売れてさえいれば、借金があっても、経営者は枕を高くして眠れます。

 

逆に売れなければ、借金があろうとなかろうと、あなたのビジネスは破綻します。

 

 

売れる能力があれば、商品がなくとも、それだけでビジネスは成立します

 

お客さんから欲しい商品を聞いてクロージング(成約)し、後でその商品を仕入れて納品すればOK。

 

大手総合商社は、まさにそういうビジネスをしています。

 

 

 

 

あなたがもし、高単価な商品を高成約率で継続的に売れるセールス能力があれば、個人で2000万円〜3000万円くらいの借金があっても、平然と暮らせます(高単価な商品とは、法人向けなら30万円、個人向けなら3万円が目安)。

 

それくらいセールス力というのは、強力な武器です。

 

これさえ身に着ければ、あなたは死ぬまで食うに困らず、ラクに生きれます。

 

高額所得者のプロスポーツ選手や人気芸能人ほどの最高年収は稼げませんが、生涯年収はそれらの職業に匹敵するかもしれません。

 

プロスポーツ選手は稼げる期間が限られていますし、芸能人は浮き沈みが激しい稼業です。そもそもこの2つの業種は食えるようになる人が少ない「狭き門」です。

 

ですが、強力なセールス力がある人は、頭さえしっかりしていれば、死ぬまで稼ぐことができます。

 

ビジネスの優先順位

 

どんなに売るのが苦手な人でも、自分でビジネスを始めた以上、物事の優先順位を間違えてはいけません。

 

特に「私のこだわりの品を売りたい」と言う人に限って、この優先順位を間違えます。

 

ビジネスの優先順位とは、

 

セールス(クロージング力=成約率)>マーケティング>商品(サービス)です。

 

どんなに売るのが苦手な人でも、ビジネスを始めた以上、この優先順位は避けて通れません。

 

あらゆる業種、ジャンルを問いません。すべてのビジネスに共通する優先順位です。

 

この優先順位に納得できない人は、自分でビジネスをすることをキレイさっぱり諦めてください。

 

 

まず、ビジネスの出口(売れた結果)から逆算して考えることです。

 

その出口とは、セールスが担当しています。

 

そこからすべてを逆算して、あなたのビジネスを構築することです。

 

常に、セールスのことを考えてください。

 

マーケティングでも「こだわりの商品を作る」ことでもありません。

 

まずもってクロージング(成約)できるセールス力が、一番大事です。

 

 

 

 

 

特に「こだわりの商品・サービスを売りたい」あなたであれば、これからはもう、ちょっとやそっとのマーケティングではビジネスできません。

 

 

私が過去書いたセールスの記事は、ごくごく一般的な内容を書きました。

 

過去記事:セールスの基本

 

過去記事:セールスが上手な人

 

本やどこかのセミナーで教えられるような内容ですが、すべて私の経験による解釈です。

 

 

これからはセールスについて、もっと濃い内容の記事を書く機会が多くなると思います。

 

より実践的で、効果的な内容になると思います。

 

ただし、それがこのブログであるか、無料メルマガであるかはまだ決めていません。

 

このブログであれば、マーケティングとは別にセールスのカテゴリーを設けるかもしれません。

 

 

現時点ではとにかく、セールスこそビジネスそのもの、マーケティングより優先順位は遥かに高いということだけ、しっかり認識してください。

 

人間はフォーカスしている対象に自然と関心を抱き、何らかの行動をするようになりますから。

 

 

 

コメント投稿はコチラをクリック

 

無料メールマガジン、好評頂いております。ブログ未公開の最新ネタを送信しています。
購読は↓↓で、簡単にできます!

 

メルマガ購読・解除
 

 

 

先着5名様限定

 

 

無料グループコンサルを開催します。

 

 

講師が一方的に話す、セミナー形式ではありません。
参加者の皆さまが、自由に意見交換できます。
参加者お一人ずつに、しっかりとした質疑応答の時間があります。
料金は無料です。

 

詳細な内容は、コチラをクリック!