結果を出している経営者をより幸せに!

 

 

世間では、結果を出すために必要なことをすべてやっているのに、イマイチ業績が伸びない、ブレイクスルーできない人がいますよね。

 

たとえば、税理士さんや社労士さん、あるいはコンサル業で、毎日ブログも書き、メルマガも定期的に送信し、ニュースレターFaxまでやっている「先生」。

 

しかも読書家で、ニュースレターFaxではご自身の読書レビューを記事にされている精力的な「先生」。

 

私はフェイスブックやインスタグラム、ツイッターなどは一切やってませんが、そういった「先生」は、ソチラ方面も熱心なのかもしれません。

 

読書家で、いわゆるコツコツとした努力を長年継続している「先生」です。

 

なのに、ナゼかイマイチ・・。

 

士業やコンサル業に限らず、こういった社長さんや事業主さんって、結構いますよね。

 

こういったタイプの人には、概ね2つのタイプに分類されます。

 


ノウハウとテイカー

 

それは、

 

@ ノウハウ万能論者

 

A 典型的テイカータイプ

 

以上の2つです。

 

テイカーについては、過去記事参照:関わってはいけない人

 

 

@はノウハウは学んでいるが、「本質」を体得していない人です。

 

たとえば、冒頭で述べたメルマガ配信、ブログ、ニュースレターFaxを数年されている、読書家の某士業の「先生」。

 

メルマガ配信は、月に数回です。

 

しかも、行間が空けてなくて、読みづらい。

 

ユーモアはあるのですが、記事のタイトルにあるような「社長さんが読んで、何らかのヒントを得る」といった内容ではありません

 

内容的には、一個人のブログ(日記)です。

 

つまり日常の出来事や、好きな音楽、本のことなど。

 

メルマガのタイトルから導かれる内容とは正反対。

 

あたかも芸能人の如く、自身のパーソナリティを開示して

 

「私に興味を持って!」

 

という内容です。

 

 

で、その事務所がやっているセミナーや有料メルマガ、創業支援金業務の「広告」が盛りだくさん。

 

メルマガに広告PRするのは良いですが、誘導商品の数が多すぎるんですね。

 

もともと行間を空けない書式なので読みづらいのに、これだけ広告告知があると、辟易してしまいます。

 

少なくとも私は、読む気になれません。

 

こういった芸能人のような自己開示PR手法って、もう5年以上前のPRテクニック、表層的なブランディングです。

 

 

ノウハウだけ学んで、本質を掴めてないと、こうなるのです。

 

芸能人や著名人なら良いでしょうが、果たしてこの先生にお客さんが求めているメルマガでしょうか?

 

有料・無料、関係無く。

 

要は「お客さんを自分のファンにせよ」といったマーケティング手法の表層的な部分だけ学んで(しかも古い)、本質的なモノを体得できなかったから、こうなるのです。

 

ノウハウは、しょせんテクニックに過ぎません。

 

テクニックは時流によって変化するものですが、その根底にある本質的なモノは不易流行です。

 

ノウハウだけ学んでも一発花火で終わるか、このように「もう古いでしょ?」的なことを延々とやり続けることになります。

 

 

 

 

 

コツコツと長年続けていることは、良い事です。

 

それしか、ビジネスで結果を出す「近道」はありませんから。

 

ただやってることが、本質的なモノなのか、表層的なテクニックで終わるか?で、結果が全然違います。

 

もう一度書きますが、長年コツコツやっていることは素晴らしいことですが、本質的なことを学んでいたら、内容がマイナーチェンジして当然だと思います。

 

誰しも、最初から完璧なことはできません。

 

商品開発であれセールスであれ、やりながらフィードバックを受けつつ、マイナーチェンジする訳です。

 

アップル社の商品のように。

 

本質を学んで実践している人は、そこがわかっているから、時代の変化に対しても自由に対応してコツコツやるのです。

 

 

 

 

 

ちなみに、メルマガで年商数億円稼いでいる大先輩のコンサルの先生は、無料メルマガから有料メルマガに誘導して小銭を稼ぐということはしていません。

 

無料メルマガから直接自身のコンサル商品を、お客さんに納得して頂いて買ってもらっています。

 

メルマガの内容も、自身の専門分野のことだけです。

 

日常のプライベートなことなど、ほとんど書くことはありません。

 

この方もモノ凄い読書家で読んでいる本を紹介しますが、それはすべてメルマガ読者が求めるであろう、ビジネスや専門分野のことがメインです。

 

しかも、ほぼ毎日(週に5〜6日)は無料で配信されます。

 

内容も行間を空けていて読みやすく、長すぎず・短すぎず、まとまった内容です。

 

メルマガに添付する自身の商品広告も、数を絞っています。

 

士業・コンサルに有効なツールであるメルマガも、単にノウハウだけで終わっている人と本質的な部分まで学んで実践している人とでは、こうも結果が違うのです。

 

 

 

 

 

最後にAについては、上記のとおり、過去記事をご覧ください。

 

過去記事参照:関わってはいけない人

 

今回取り上げた、某士業の「先生」も、典型的なテイカーでした。

 

私がおつきあいしていた頃は、起業して結婚したばかりでしたから、テイカー気質丸出しなのは仕方ないと思いました。

 

ですが、数年経過してもその調子なら、いい加減うんざりします。

 

私はあることをキッカケに、

 

「この人はこのまんまの感じなら、先が見えてる。ビジネスで成長するための本質的なマインドが抜け落ちてる」

 

と確信し、つきあいを一切断ちました。

 

ただ儲けたいばかりにノウハウばかり追いかけても、必ず限界が来るんですね。

 

誰でも最初はそうでしょうが、何かのきっかけでパラダイムシフトが起こって、本質的なモノに着眼するようになるのですが・・。

 

 

「男子、三日会わざれば刮目して見よ」

 

という中国の諺がありますが、この「先生」のPR媒体の内容を見る限り、起業当初と全く変わってません。

 

 

ちなみに年商数億円稼いでいる大先輩のコンサルの先生は、サラリーマン時代のボーナスはすべて顧客やお世話になった社長さんのお歳暮代として消えていたそうです。

 

まだこの先生が、20代の頃です。

 

 

先に挙げた某士業の「先生」には、こういった発想・マインドは全く無いでしょう。

 

常にソロバンをはじいてお金にならないことは一切せず、「顧客やお世話になった人にお歳暮」などという発想は全く無い人ですから(笑)。

 

ちなみにこの両者の先生は、ほぼ同じ年齢・同世代です。

 

 

こういったマインドの違いが、同じメルマガをやったにしても、結果がこうも違うのだと私は確信しています。

 

やはり、どこまでいっても、ノウハウやテクニックより「本質」と「マインド」なのです。

 

 

 

コメント投稿はコチラをクリック

 

無料メールマガジン、好評頂いております。ブログ未公開の最新ネタを送信しています。
購読は↓↓で、簡単にできます!

 

メルマガ購読・解除
 

 

 

先着5名様限定

 

 

無料グループコンサルを開催します。

 

 

講師が一方的に話す、セミナー形式ではありません。
参加者の皆さまが、自由に意見交換できます。
参加者お一人ずつに、しっかりとした質疑応答の時間があります。
料金は無料です。

 

詳細な内容は、コチラをクリック!