結果を出している経営者をより幸せに!

 

 

ビジネスであれプライベートであれ、誰しも悪い周期に陥る時があります。

 

いわゆる「ドツボにハマってる」時期ですね。

 

 

私は、占いやスピリチュアルは肯定しません。

 

ただ、こういう時は「本人のメンタルコンディションが良くない状態」であることがほとんどです。

 

ビジネスはメンタル8割:戦略2割とはよく言ったもので、人間の思考や行動の背景は、本人のメンタル状態が大きく作用しています。

 

 

今回はそんな時のあなたのために、メンタルコンディションを良くする方法をご紹介します。

 

メンタルコンディションが良くなれば、思考と行動が自然と変わり、ドツボな状況から脱却することができます。

 

どれも私自身がが実践し、かつ何人ものクライアントさんにアドバイスしたものですから、効果は実証済みです。

 


吐き出す⇒行動⇒寝る

 

まずは、ネガティブな感情をすべて吐き出してみることです。

 

思いつくまますべて、言葉に出すこと。

 

できれば、言葉に出すより紙に手書きで書きだすことが効果的です。

 

 

それが済んだら、やりたかったことをしてみる。

 

日頃忙しくて、あなたがやりたくてもできなかったことです。

 

どんな些細なことでもOKです。

 

たとえば、行きたかったお店を覗いてみるとか。

 

趣味でも好きなことでも、できる範囲で何でもOKです。

 

 

 

 

ただし、テレビやスマホ・タブレットでの動画視聴、もしくはゲームは、最長3時間でやめること。

 

なぜなら、それらの行為は意志力の回復とならないからです。

 

3時間以上動画視聴やゲームをすると、そのまま引きこもる可能性があります。

 

私はゲームはほとんどしませんが、動画視聴などで過去そうなりかけた経験が多くあります。

 

ネットサーフも同じことですね。

 

動画であれば、自宅でPCやスマホで視聴するより、映画館に出向いたほうが良いです。

 

外出しますし、映画なら大抵1本で最長2時間オーバーくらいですから、そのままダラダラ視聴し続けることがありません。

 

 

また、日頃運動していない人はエクササイズがオススメです。

 

エクササイズは、その人の年齢・性別・体力によって、やる量と時間は違います。

 

疲労困憊するまで自分を追い込んでやるのではなく、気持ち良くを感じる程度にやるのがポイントです。

 

一番お手軽なのは、5分の散歩です。

 

 

以上が済んだら、とにかく寝ることです。

 

 

まとめると、以下の流れになります。

 

@ ネガティブな感情をすべて吐き出す(紙に書きだすことが効果的)。

 

A 日頃したくてもできなかったことをやる(どんな些細なことでもOK)

 

B 気持ち良い程度のエクササイズ。

 

C とにかく寝る。

 

 

多くの女性は、ストレス発散のために、友達とダべることをしますよね。

 

これもとても効果的な行為ですが、ダべる相手によっては逆効果となることが多々あります。

 

メンタルコンディションが良くない人同士がダべると、互いにとって良くないのです。

 

人間は共感しあうことによって意志力が回復しますが、共感や愚痴の言いあいにしても、良い共感と悪い共感があるのです。

 

悪い共感をしあうと、互いにメンタルコンディションがより悪化するので、私はここではあえて取上げません。

 

あくまで、独りでやる方法を紹介しました。

 

まずは独りでやってみて、ある程度メンタルコンディションが回復してから人と会話したほうが、相手と「良い共感」をしやすいからです。

 

 

 

 

 

最後に、上記@〜Bまでのことをしても眠れなかったりするのは、あなたの脳の大部分が「不安で占拠されているからです。

 

この対処方法は、次回の記事でご紹介しますね。

 

過去記事:悩みと迷いは脳を占有する

 

上記記事の、回答記事でもあります。

 

 

 

コメント投稿はコチラをクリック

 

無料メールマガジン、好評頂いております。ブログ未公開の最新ネタを送信しています。
購読は↓↓で、簡単にできます!

 

メルマガ購読・解除
 

 

 

先着5名様限定

 

 

無料グループコンサルを開催します。

 

 

講師が一方的に話す、セミナー形式ではありません。
参加者の皆さまが、自由に意見交換できます。
参加者お一人ずつに、しっかりとした質疑応答の時間があります。
料金は無料です。

 

詳細な内容は、コチラをクリック!